cokiaのママンライフ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Mother


Dec28,2011 WED

ホントは有休取ってたんだけど、やっぱりほっぽり出せなくて出勤しちゃった仕事納めの日、帰ってきたら、お疲れ様のブーケ。

一緒にいられなかったことを責めてもいいはずなのに、がんばったね、おつかれさま、って言ってくれる相棒と、かーさんいなくてがんばってくれた息子。

ありがとね。



保育園のクリスマス会で、"挨拶の代わりに、お母さんたちにプレゼントします"と主任の先生が朗読してくれた、"お母さんのリボン"という詩。

聴きながら、なんだか泣きそうになるのを1人必死にこらえてました。"こどもが生まれて、知らないは人からもお母さん、とよばれて、おかあさん、には明るく我慢強く、が含まれてるから、そうじゃないわたしは、どこへいけばいい?"という感じのくだりがあって。そうなんだよね。こども生んだからって、急にお母さんになれるわけじゃないよね。だって、私なんだもの。

お母さんであることに、じゃなくて、お母さんとして、もっとしてあげたいことがあるのに、できない自分と、お母さんである自分との狭間で、いーってなってみたりする私に、じわぁっと染みました。



…去年の今頃は、ちょうど破水して、バタバタと真夜中の病院へ出かけた時間。そんなこと考えていたら、隣で眠る息子が、くるりと寝返りうって、こっちをむきました。

かわいいなぁ、もう。

こんなお母さんだけど、あなたの一番のお母さんでいるからね。







copy rightで詩をここにのせることはできないけれど、がんばってるお母さんは、是非に。かわいいこどもの姿を、そうそう!って言葉で綴られた詩もたくさん。

大好きな詩集になりました。








だんだんおかあさんになっていく




1-12 mo comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pieniperhonen.jugem.jp/trackback/194
<< NEW | TOP | OLD>>